見直される存在価値

データベースエンジニアは、各種の開発を行う上で根幹をなす職業と言ってもよいでしょう。あらゆるシステムはデータを出し入れすることで意味を持つことができます。データのないシステムなどはなんの意味も持ちません。しかし、このデータの保存がきちんとされていないと処理は重くなり、システム自体がまともに動かなくなってしまいます。逆に、整理のよく行き届いたデータベースの元で動かされているシステムの動きは、実にスムーズです。そういう意味で、この仕事は開発作業の要であるといっても過言ではありません。ところが、縁の下の力持ち的な存在であるためか、その重要性について正当に評価されているとは言い難く、データベースエンジニア自体も慢性的な人手不足に陥っています。それでも最近は、企業の間でその重要性が見直され、求人でデータベースを取り扱える人材を募集しているケースが増えているのです。多くのエンジニアにとってこれはチャンスだと言えます。データベースを学ぶことでキャリアップの手段となりうるからです。仕事の幅は増え、将来のキャリアパスを豊富にしてくれます。さらに、ITに関する基礎能力は上がり、エンジニアとしてのスキル全体を引き上げてくれるでしょう。したがって、エンジニアとしてのキャリアに行き詰った人は、一度データベースエンジニアの道に進み、本格的な経験を積んでみるのも有力な選択肢であると言えるかもしれません。将来のキャリアアップを見据えた、賢い選択ではないでしょうか。